最難関!医学部を受験するなら予備校選びをしっかりと!

予備校を活用しよう!

教壇に立つ男性

少子化の進行により大学入学志願者の総数が大学全体の入学定員総数を下回り、希望すれば誰でも大学に入ることができる「大学全入時代」に突入してからおそよ10年が経とうとしています。このため大学入試競争の緩和や予備校の衰退などが予想されていました。この予想は部分的に現実となりました。しかし誰でも大学に入られるということは大学を卒業しただけでは評価の対象にならず、より優れた大学をより優れた成績で卒業することが求められるということです。そのため上位大学への入学競争はかえって激化していると言えます。また終身雇用や年功序列の崩壊もあって、より安定的な職業を求めて大学卒業後の資格取得を見越し、医学部や薬学部を志望する受験生も増えています。特に医学部を志望する生徒は近年、年を追うごとに増加しています。これには、1970年代に医学部新設が相次ぎ医師の数が増えましたが、その子どもが受験期を迎えているという事情もあります。医学部受験は試験内容とともに受験事情の情報量が合否を左右する側面もあり、これらのノウハウと情報を豊富に持っている予備校の存在感は以前に増して大きくなっていると言えるでしょう。予備校と言えば大教室で人気講師が講義を行う、いわゆるマスプロ授業を想像する人もいるかもしれません。しかし、この形式は受験生一人一人のニーズに応えることができない面もあり、受験生の支持を失いつつあります。それに代わり医学部などの特定の学部の受験に特化したり、受験生一人一人にきめ細やかなサポートを行う体制を整えた予備校が支持を集めています。予備校をうまく活用することの重要性はますます高まっていると言えるのです。

間違いがちな選び方

講習中の男性

予備校選びをする時にどんなところを見ることがポイントだと思いますか?多くの方は合格者数を見て決めているのではないでしょうか。しかし、それはどれだけの人数からの合格者数なのでしょうか。つまりは「合格率」が大事だと言えるのです。

授業の形式にも注目!

英語を読む男性

授業の質は言うまでもなく大事ですよね。しかし、いくら質が良くても、本人がヤル気になれる環境でなければ意味がありません。そこで重要なのが授業の形式です。集団授業なのか、個別授業なのか、自分に合うものを選びましょう。

情報が大事!

熱い指導をする男性

医学部だけに限ったことではありませんが、大学受験を乗り切りるポイントは情報をどれだけ持っているかということです。つまり、予備校選びの際には情報をたくさん持っている予備校を選ぶ方が得だと言えるのです。

人気トピックス

講師と生徒の握手 「最難関!医学部を受験するなら予備校選びをしっかりと!」の人気トピックスです。